ホーム > 西国街道沿いの史跡 > 花の井

花の井

所在地及びアクセス:

 高槻市別所本町
花の井所在地図
 JR東海道線(JR京都線)「高槻」駅下車。
 徒歩で見学する場合は次の通り:
 駅の北側に出て陸橋を下り、西武高槻ショッピングセンターの前を北の方向に進む。上宮天満宮に上がる石段前の「天神町1」交差点を右折し、車の通行量の多い府道を道なりに東の方向に約800m進み、「別所」交差点を左折し北の方向に進む。約300m進むと次の信号のある交差点に着くので、そこを渡り直ぐ右側の細く緩い坂道を下り、20〜30m進んだ後、左手にある民家の間にある細い道に入り奥に進むと「花の井」がある。
 バスを利用する場合は次の通り:
 高槻駅の南側に出て高架を下り、松坂屋傍の高槻市営バス停留所「JR高槻駅南」6番のりばから「上成合」行き、「上成合経由川久保」行きの何れかのバスに乗車し、「別所」で下車する。バス停の直ぐ西側に信号のある交差点があるので、そこを右折し直ぐ右側の細く緩い坂道を下り、20〜30m進んだ後、左手にある民家の間にある細い道に入り奥に進むと「花の井」がある。

 なお、「花の井」は民家が密接している場所で民家の門口近くにあるのでその所在が非常にわかりにくい。付近を注意して探す必要がある。

 なお、近くに能因法師に関連した史跡「不老水」、「文塚」、「能因塚」(全て別ページに収載)があるので、これらを同日に見学することができる。

 高槻市営バス「上成合」行き及び「上成合経由川久保」行きの「JR高槻駅南」発車時刻は8:00〜18:00の間について次の通り(2004年8月1日改正、2004年11月現在)。
平日 土曜日 日曜・祝日
08 00 05 15 25 35 50 00 12 24 37 50 04 24 44
09 05* 21 36 51 06* 21 36 51 06 26 46
10 06 21 36 51 06 26 46 06* 26 46
11 06 26 46 06 26 46 08 26 46
12 06 26* 46 06* 26 46 06 26* 46
13 06 26 46 06 26 46 06 26 46
14 06 26 46 06 26 46 06 26 46
15 05* 25 45 06* 26 46 05 25 45 55*
16 05* 25 45 05 25* 40 55 05 25 35* 45
17 05 20 35* 50 10 25* 40 55 02 25 35* 45
 無印は「上成合」行き、*印は「川久保(上成合経由)」行き。なお、バスは阪急京都線「高槻市」駅前のバス停「阪急高槻駅」を経由するので、そこから乗車することもできる。

見所など:

 平安時代中期の著名な歌人で、三十六歌仙の一人である能因法師は、晩年この地に移り住んでいたといわれている。
花の井全景
 能因法師は日常生活をおくるための水を得ていたのが、この「花の井」と呼ばれている井戸であると伝えられている。

 能因法師の歌に、『あし引きの山下水に影みれば眉しろたへに我老にけり』というのがある。「山下水」というのは「花の井」の別称らしい。

 左の写真は「花の井」の全景であるが、今では民家の直ぐ傍にあるのがわかる。
花の井の祠
 左の写真は井戸跡の傍に建てられている小さな祠であるが、ここには能因法師を祀っていると思われる。「不老水」にも同じような祠があるが、それと比べてこちらの祠の方が比較的手入れが行き届いている。
花の井井戸跡
 井戸の大きさは数十センチ四方、深さも数十センチ程度でそう大きなものではないが、昔は涸れることなく水が湧き出ていたという。今は、涸れてしまって井戸の中には全く水が溜まっておらず、井戸跡といった状態である(左の写真)。

 上記能因法師の歌にもあるように、彼はこの井戸の水面に写った自分の姿を見て、老いたのを悟り、不老不死の泉を求めて別の井戸「不老水」(別ページ参照)を見出したと伝えられている。
顕彰文を刻んだ石
 直上の写真でも上部に一部写っているが、左の写真に見られるように井戸の内側上部に表面の比較的平らな四角い石が置かれている。

 この石は天和2年(1682年)に樋口氏が、能因法師の顕彰文を刻んだ石とされている(高槻市教育委員会名の解説掲示板による)が、風化が著しく現在、顕彰文を判読することは殆ど不可能な状態になっている。

 「花の井」高槻市史跡に指定されている。

 なお、能因法師関連の史跡「能因塚」、「文塚」、「不老水」については、それぞれ該当のページを見て下さい。

 (参考:高槻市教育委員会名の解説掲示板)
西国街道沿いの史跡のページへ戻る このページの先頭へ戻る

Yukiyoshi Morimoto